一人の時間が欲しいのなら、環境を変えるしかない

白黒のソファーとテーブルのあるおしゃれな部屋

仕事でもプライベートでも満足の行く結果を出すことができないということが起因となり、フラストレーションがたまってストレスに感じたり、酷くなると自己嫌悪に陥ってしまったりしてしまうかもしれません。

「集中できる自分の時間を持つことができるのならば、今よりは上手くいくのに!」

そうなんです、抱えている仕事を家へ持ち帰ったところで自分が思うほどスムーズにことを運ぶことなどできません。

あなた自身の書斎などがあるのでしたら考え悩むことなどないと思うのですが、おそらく多くの方はそのような恵まれた環境ではないはずだと思います。

家庭を持っているのでしたら家族の問題もあるでしょうし、一人暮らしだとしても恋人、友人などの存在も関与し思うようにはいきませんよね。

自分のやりたいこと、やらなければいけないことを誰の目も気にすることなく集中してできる環境が用意できるのならばどれほど助かることでしょうか。

現状では自宅となるのですが、自宅には誘惑がいっぱいですからね・・・

セクシーな下着とポーズで誘惑してくる女性自宅ではやりたいことをできないのはなぜ?

あっ、DIYなどは別ですよ!

一人黙々と作業のできる環境

テーブルの上にスタバのコーヒーが置いてある

冒頭でも書きましたが、富裕層でもない限り書斎など持つことは叶いませんし、自宅では難しい問題です。

ですが、何も自宅にこだわらなくても、一人で集中し作業をできる環境は存在しています。

サラリーマンがノートPCを開いて作業をされているのを、あなたも見かけたことがあるはずです。

図書館

僕自身も幾度となく利用させていただいています。

無料で利用できますし、分からないことがあれば本を閲覧し調べることができるところが最大のメリットではないでしょうか。

また、静かな環境も集中して作業をするのには適しています。

多くの図書館では、PCを持ち込み使用できるとなっていますが、静かな空間でのタイピング音やクリック音などが気になるかもしれませんので、フリーランスの方などがノマド的に利用するには少し不向きではと思います。

やはり学生さんが勉強するために活用したり、社会人の方が資格取得のためにといった利用の仕方がしっくりときます。

マクドナルド・スタバなど

Wi-Fiを使え、電源を使用できる店舗もあるといったところが良いですね。

コーヒーなど飲食しながら作業を進められるところもプラス要素になりますが、スペースがさほど広くない、適した席を確保できるかといったところが問題でもあります。

また、お隣さんがペチャクチャと騒がしい方たちですとやはり気になり集中できないケースも・・・

これは個人的な感想になりますが、スタバでノートPCを開いて作業をしている姿はとてもカッコよく見え、それだけで「僕ってイケてる!」と自己陶酔してしまい逆に集中できなくなってしまいます。

ですから頻繁にではありませんが、僕は知人との会話を楽しんだり、読書を楽しんだりすることの方が多いですね。

ファミレス

スペースも広く、お腹が空けば食事もでき、ドリンクバーで飲み放題といった至れり尽くせりの環境です。

隣席との距離感も適度にあるので、ホワイトノイズも気になるほどではありません。

僕自身はWiMAX 2+を契約していますので、ネット環境に関してはあまり気に掛けたことはありませんが、ファミレスすべてにWi-Fiが完備されているわけではないところがマイナスポイントかなと感じています。

特に混雑時でしたら店舗側からも良い印象ではないと思いますが、時間帯にさえ気を付けるならば費用対効果は見込めるのではと思います。

勉強するもよし、PCで作業をするのもよしといったところです。

コンビニのイートイン

最近のコンビニではイートインを設置されている店舗をよく見かけます。

イートインというくらいですので飲食のためのブースとなっているのですが、テキストを広げている学生さんやPCを操作しているサラリーマンの方を見かけたりもします。

店舗数も多く、缶コーヒー1本で利用できるのですからコスパは最強ですね。

滞在できる時間に関してはまちまちなのですが、ガッツリと勉強するとかPC作業をするのではなく、勉強でしたら分からなかったところの確認、メールの確認や送信といった手短にできることでの利用が良いと思います。

どのスタイルにも一長一短があって然りなのですが、図書館を除けば個人的には人の目がとても気になります。

特に店員さんの目が・・・

「さっきからチラチラ見てきてるみたい」

「もう〇時間いるけど大丈夫かな?」

「何か頼んだ方がいいのかな?」

気が強くないどちらかといえば弱い僕は気が気でなりません。



人の目を気にしなくても良い環境

顔を寄せ合った女性の目のアップ

昨今ではフリーWi-Fi、電源の使用などもできるところが多くなってきています。

ですが、何をするにいしても周りの目は気になるものです。

やはり何を気にかけることなく作業に没頭できる環境が用意できる方が心理的なストレスは掛かってきませんので、そのようなスペースを確保できるに越したことはありません。

自宅とまではいかなくてもよりリラックスできる環境、そして強制的にでも行動をしなければいけない環境はあるのだろうかと考えたとき、最終的にたどり着いた場所は【コワーキングスペース】もしくは【シェアオフィス】と呼ばれるスペースです。

両者において何がどう違うのかということは調べていただけたら分かりますが、それほど大きな違いはありませんし、コワーキングスペースやレンタルオフィスなどの他の形態も含めてシェアオフィスと呼ばれることもありますのでこだわる必要はないと思います。

要するに快適な環境を確保できるかどうなのかが最優先となるので、どのようなものがあるのかと検索してみるだけでモチベーションが上がってきますよ。

コワーキングスペースとはこんなところ

数名の男女がオフィスをシェアしている様子

そのような集中してでき環境があることはあるのですが、「どのような場所なんだろう?」ととても気になりますね。

そもそもコワーキングスペースとは何?

コワーキングスペースとは、「コワーキング」と呼ばれる共同利用型の仕事環境を実現するために用いられる場所のことである。

コワーキングは、同じ組織や職務に従事しているわけではない人々が同じ空間に集まってそれぞれ個別に仕事を進めるといった働き方を指す。在宅で作業するフリーランスなどは孤独感や倦怠感に襲われやすいが、仕事に取り組む他の者と居合わせることにより、むしろ互いに刺激し合って作業を進めることなどが期待できる。

引用:Webio 辞書 コワーキングスペース

ブログをやっている方やフリーランスの方などには馴染みがあるかもしれませんが、それ以外の方でしたらコワーキングスペースとはあまり聞きなれないものだと思いますが、決して仕事だけがベースではなく、勉強のため、一人になれる空間が欲しいと考えている方にも活用していただけるスペースだと思います。

ですが、どのようなことにおいても、メリット、デメリットは必ず存在するのは周知の事実です。

コワーキングスペースのメリット
  • 自分の好きな時に好きなだけ作業できる(ストレスからの解放)
  • Wi-Fi、電源などの設備が整っている
  • カフェよりも快適に利用できる
  • 集中できる環境(自習室利用にも最適)
  • 思っているよりも低コスト

 

コワーキングスペースのデメリット
  • 周囲の雰囲気に馴染めない
  • スペース的な問題(狭い場合も)
  • セキュリティ問題(オープンスペースなため)

メリットは良いとしても、やはりデメリットへ目が向いてしまいます。

一人黙々と作業をしたいとなれば気になるのが周囲の雰囲気もしくはスペース的な問題になってくるのですが、コワーキングスペースにはオープンスペースなファシリティもあれば、デスクをパーテーションで区切られているところなどさまざまなケースがありますので、利用される際に内覧し確認することで回避できると思います。

また利用形態(料金体系)にしましても「全日プラン」「土日祝プラン」「ドロップイン(一時利用)」などいろいろと用意されていますので、ご自分に合った使い方ができるはずです。



おわりに

Yシャツ姿の男性が右手の親指を立てgooをしている

僕自身とても意思が弱いので、自宅にいながらの環境では数々の誘惑に負けてしまい気が付けば1日が終わっていたということがほとんどで、自分に「ダメな奴」とレッテルを貼りそれが自己嫌悪となりストレスとも感じていました。

現在こうしてコワーキングスペース、僕が利用させて頂いているところはシェアードオフィスというのですが、そのスペースで過ごしす1日は思っていた以上に快適です。

シェアードオフィスの設備説明 画像
シェアードオフィス外観の写真

上記画像が現在僕が利用させて頂いているスペースになります。

PCで仕事をされている方、テキストを持ち込み勉強をされている方、ただ単に読書を楽しんでいる方など、利用されている方は様々です。

僕の場合は大阪在住という住んでいる環境に恵まれているからこそできることなのかもしれません。

僕のように都市ではなく地方に住まわれている方は、コワーキングスペースなどのファシリティを探すこと自体がとても大変だと思いますしもしかすると探し出せないかもしれません。

ですがもし、あなたのお住まいの近隣に【コワーキングスペース】があるのでしたら是非一度足を運んでみてください。

きっと今まで以上に充実した1日を送れるはずですし、やりたいことをマイペースでできるということでストレスもあまり感じなくなりますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です