老眼の僕が「ガボール・アイ」の トレーニングをやってみた!【 経過報告】

ガボール・アイという目のトレーニング

昨年末のお話になりますが、老眼になって分かったこと?思った以上に不便だし面倒くさいよね!にてガボール・アイといわれる脳を使った視力回復法を少しご紹介させていただきました。

[post id="421" style="thumbnail"]

かれこれ実施するようになり3ヶ月が経過しているのですが、どのような変化があったのかを経過報告をさせていただきます。


本当に効果が期待できるのかどうなのかは、やってみないことには何も分からないので毎日の日課として続けています。

僕と「ガボール・アイ」との出会いは本屋さんで見かけたことがきっかけです。

【1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ】

濃いめのピンクを基調とした表紙デザイン。

これだけで目を引かれるのですが、僕が魅せられたのはこのフレーズ。

【世界で唯一科学的に証明された脳を使った視力回復法】

老眼という弱点を持っている者からすると

「科学的・証明・脳・視力回復」

なんともそそるフレーズがてんこ盛りではないですか。

この4つのフレーズをみた瞬間

「買って、やってみるしかない!」

と購買意欲を掻き立てられました。

口コミ・評判はどうなの?

実際に効果があるのか、それともないのか?

まず僕が気になったのがこのことなんですね。

i

名前
今までも、この手のものを試してみましたが効果を感じることはできませんでした。若いときのようにハッキリと見えるまでには行きませんが、数週間続けただけで以前よりはハッキリと見えるようになりました。
本を購入して使い始めた頃は半信半疑でしたが、騙されたっと思い続けてみたところ少しづつですが老眼が緩和されたようです。裸眼で見にくかった文字がかなり見えるようになっています。本当に凄いです。これからも頑張ります。

i

名前

i

名前
購入後、2週間ほどトレーニングしています。毎日やっていて直後は見え方が良くなっていると実感できます。それがずっと継続しているのかはよくわかりません。

本書で、女優の沢田亜矢子さんのインタビューがあります。

1カ月後、老眼の指標である「近見視力」が0.6から1.0へと大幅にアップ!そして想定外でしたが、近視まで改善していたのです。

それまではお仕事の現場でも老眼鏡が手放せなかったのですが、「ガボール・アイ」と出会ってから、台本やカンペを裸眼で速く読めるようになりました。

車の運転も、より快適になりました。信号が以前よりもハッキリと見え、視界も遠くまで広がった気がします。

引用:1日3分見るだけでぐんぐん目が良くなる!ガボール・アイ

50代後半から老眼により見えづらさを感じるようになった沢田亜矢子さんは、僅か1カ月のトレーニングで改善されたと仰られています。

口コミなどを見てみると期待せずにはいられないですよね。

ガボール・アイに効果がある理由は?

僕たちの日常生活で普段目にしているものには、見えていると思っているだけで実際には見えていないということがあるそうです。

その見えていない部分を、あたかも見えているように補正しているのが、見ることを司っている脳の視覚野といわれるところになります。

この視覚野を強く刺激することで見え方を改善するのが、ガボール・アイなんですね。

一般的には「目を鍛える」ためのトレーニング、つまりはピントを調節するための「毛様体筋」を鍛えるということが老眼改善には効果的といわれていますが、ガボール・アイにいたっては、脳に働きかけるわけなので少し意味合いが違います。

ですが「目を使うトレーニング」といった点では、ある意味同じかもしれないと僕は感じます。

ガボール・アイのトレーニングのやり方

ガボール・アイのトレーニング自体は、まったくの自由です。

昼夜を問わず「やりたいときにやりたいだけ」という、なんともファジーな方法なんですよ。

ですから、僕のような飽き性な人間にも継続できているのかもしれませんね。

注意点としては下記になります。

1回につき3分~10分が目安

1日1回でOK(2回以上でもOK)

目の疲れを感じたら切り上げる

毎日ではなくても週3回程度でOK

たったの3分、やらなければなどと義務的に感じる必要もありませんので気負わずにトレーニングできるところが魅力だと思いませんか。

実際にトレーニングしてみました

冒頭でも書きましたが、昨年末よりほぼ毎日トレーニングをしています。

時間にして3分。

1日1回という「そんなんで大丈夫?」と思われるくらいの短い時間です。

僕がこうして続いているのは、「短すぎるのでは」と感じるような時間しかやっていないからこそ毎日実行できているのだと思います。

ただ、現在感じていることは、もう少し1日あたりのトレーニング時間を増やすか、回数を増やすかした方がいいのではないかなと感じているのが現状です。

そう感じる理由はただ一つ。

「目み見えた効果が感じられないから」

そうなんです・・・

「あれ、今までと違う」

「見えるやん」

と、いったような効果を実感できていないのです、僕の場合は・ ・ ・

ですが、何らかの効果が現れるのにも個人差はあるでしょうし、「1日1回3分」という最低限のトレーニングしかしていませんから、実感できるほどの効果を感じることができないのかもしれません。

おわりに

口コミ、評判はとても良いのですが、何が悪いのだあろうと考えてみたところ思いあたる節がありました。

効果が出やすい人、出にくい人のタイプがあるそうなんですね。

「やってもダメだろう」と思っている人には効果が感じにくく

「良くなったみたい」と前向きな人に効果が現れやすいみたいです

僕の場合、前者が当てはまっていたのも原因の一つになっていると思われますし、実際トレーニングをするに当たり半信半疑でしたので効果が感じられにくいのかもしれませんね。

ガボール・アイは画像処理をする脳に対してのトレーニングというところも、歳を取り衰えてきた僕の脳にも刺激になって良いかもしれない部分もお気に入りの理由になっています。

先述した通りハッキリとした効果は感じていないのですが、考えてみると「最近また老眼が進んだな」とは思ってもいませんし、「クソー(老眼のせいで見えにくい)」とイライラすることも少なくなったように思うのですが・・・

自分自身では気づいていないだけで、これが効果なのかもしれませんね。

「継続は力なり」といわれるように、諦めずに続けて行こうと思います。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です