自宅ではやりたいことをできないのはなぜ?

セクシーな下着とポーズで誘惑してくる女性

困ったことです!

お仕事が休みになる前までは

「あれをしなければ」

「休みの間にここまでやってしまおう」

「絶対に終わらすぞ」

休日を価値あるものにしようと思い、やりたいこと、やらなければいけないことなどを頭の中でいろいろ考え目標設定をする方も多いのではないでしょうか?

僕は必ずそうしているのですが、「さ〜明日からまた仕事だぞ」と思う前日の夜にはいつもといっても良いほどに後悔しています。

結局、目標を決めただけで設定値まで行っていないことは多々ありますし、まったく手付かずのときもあります。

目標設定をしただけで「出来た!」という気分になり、そこで安心し終わってしまうので何もできない。

職場では思う通りのペースで業務をこなせるのに、自宅ではまったくといっても良いほどできないという理由もこれでしたら頷けますね。

もうひとつは、誘惑が多すぎてできないということになります。

人間とは弱いもので、楽な方へと流されてしまう性質があるように感じます。

前者の「出来た気になる」よりも、誘惑に負けて何もできないということの方が自宅においては当てはまるのではないでしょうか。

あなたもそう思いませんか?

邪魔をしているモノの正体はこれ

両指を組んでいるワイシャツ姿の男性

「よし、やろう!」と思っているこがなぜできないのかということを考えると、ある「邪魔者」の存在が浮かんできます。

その邪魔者とは一体何なのでしょうか?

あなた自身も少し考えてみてください。

奥さん、子供、悪友、趣味、ギャンブル・・・

決してそのようなものではありませんよ。

僕たちの周りに存在している、もっともっと身近なもの。

テレビ

スマホ

ゲーム

漫画

冷蔵庫

お菓子

ベッド・ソファー

どうですか、本当に身近なものばかりだと思いませんか。

個人によっていろいろと対象は変わるかもしれませんが、すぐに思い浮かぶ代表的なもの、そして僕たちの「邪魔をしているモノの正体」は上記になるのかと思います。

テレビ・・・見たいですよね。録り溜めていたドラマ、一気に見たいですよね。もう他のことをしている場合じゃありません。

スマホ・・・触りたいです。SNSすごく気になりますね。リアルタイムの情報どうなっているのでしょう?

ゲーム・・・やりたいです。今から良いところなんですから。少しでもレベルを上げなければ。

漫画・・・読みたい。◯ピースどうなっているのかな。鬼滅の〇〇気になる気になる。

冷蔵庫・・・小腹が空いたな。何か食べるものあるかな。

お菓子・・・ダメだ、食べだしたら止まらない。

ベッド・ソファー・・・少し休んでから始めよう。あー、ちょっとだけ横になろうかな。

楽な方に流されるのが人間です。

確固たる意志を持っていたとしても、ときには流されるときもありますよね。

周りを見渡すと僕たちを誘惑し、邪魔をしているモノはいくらでもありますし、本当に邪魔な存在でしかありません。

邪魔者を排除することはできるのでしょうか?

紙クズとゴミ箱

ここで問題となってくることは、「邪魔者」をなかったモノにして、自宅で「やりたいこと、しなければいけないこと」を実行することはできるのかということになります。

「邪魔者」の存在があることで、僕たちは過去を振り返ったときに

「何もできていない」

「予定とまったく違う」

「あー、時間がもったいない。やっとけばよかった」

などといった風に後悔するわけです。

この出来事が重なってくると

「僕ってダメなやつ」

「決めたことも守れないなんて最低」

自分自身で目標設定したのに、何ひとつ達成できずに最後には自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

そうなると負のスパイラルですよね。

モチベーションは下がっていく一方、自分自身の存在価値すら疑わしく感じ始め、「よーし、次こそ頑張ろう」なんて間違っても思わなくなり、手付かずのまま時間(日にち)だけが経過してしまうのです。

僕を誘惑する邪魔者さえいなければ・・・

すべては上手くいくはずなのに・・・

では、邪魔者を排除するにはどのようにするのが良いのでしょうか?

答えは至ってシンプルです。

なくせば良いのです。

少し前、現在でもそうなのかもしれませんがブームとなった

「断捨離」

これに尽きます!

ベッドもテレビも漫画も娯楽となり得るものはすべて捨て、スマホもガラケーに替えるべきです(できないですが)。

「そのモノ」が有るがために、「やりたいこと、しなければいけないこと」に対して集中することができず、注意力も散漫となり気がつけば何もできていない状態となってしまっているのですから。

やはり「捨てる」ことが一番手っ取り早く確実だとあなたも思いませんか。

ですが、先述したことは極論であり、そのようなことなどできるはずもありません。

「邪魔者」を排除することができないのならば、どうすればよいのでしょうね?

やりたいことをスムーズにやるために必要なこと

ジャージ姿の女性がクラウチングスタートをしているところ

結局のところどうするの?

何を始めるにせよスタートが肝心です。

スタートでつまずいてしまうとその後どうしようもありません。

好スタートをするための方法(答え)はただひとつです。

とにかく始める!

例えば、パソコンを使っての作業だとしたら有無を言わさず目の前でパソコンを起動させる。

何かを作るのでしたら、そのモノを持ってきて触る。

資格取得のために勉強をするのでしたら、とにかく参考書を開く。

やりたいことをやるのって実はものすごく簡単なんですよね。

始めちゃえば良いのですから。

スタートできないときって、いろいろとやらない理由ばかりを考えませんか?

「今日は気分がのらないから」

「今週は仕事がハードだったから今日はゆっくりしても良いよね?」

「実はこれをするよりもあれをする方うがい良いんじゃないだろうか?」

「どうせ途中までしか出来ないし」

やらない理由なんて腐るほどありますから、思考のシフトチェンジをしないとどうにもならないですよ。

とにかくやっちゃいましょう。

始めちゃいましょう。

それは1分間で良いのです。

やり始めると、逆に止めてしまうことがもったいなく感じるはずですから。

「せっかく始めたのだから、途中で止めるのはもったいないな」

「ここまではやっちゃおう」

その最初の1分間は必ず5分、10分、30分と伸びてくるはず・・・切りが良いところまでと、気がつけば1時間、2時間と時間が経過しているかもしれません。

おわりに

テレビを見ながら、テーブルにはポテチと飲み物

「よし、会社から帰ったら今日はここまでやろう!」

僕はいつもそう思っているのですが、まったくと言っても良いほど何もできていません。

とにかく一度家に足を踏み入れると、あれやこれやと誘惑がいっぱいなんですね。

こんな僕がこのようなことを書くこと自体おこがましいのですが、まずは始め出すことだと思っています。

「漫画を読みたい、テレビを見たい、横になりたい」という気持ちは今現在この状況下でも少なからずあるのが本音です。

ですが、自分でノルマを決めた以上は「やらなければ」という思いも同時に存在していることは紛れもない事実ですので、僕はとりあえず取っ掛かりを作るということが有効だと考えます。

こうしてブログを書くためには、とりあえずパソコンを開く(ノートパソコンなので)。

そのとき、文章を書くことに億劫になったのならば、画像の集めてみたり、WPのテーマの使い方を調べてみたりと、何かしらブログに関係していることをするようにしています。

何もせずにパソコンを閉じるのはもったいないですからね。

というような、カッコ良いことを言っていますが、実際はできていないので自分自身嫌になってしまうことが多いです。

これ以上自分を嫌にならないためにも、まずは「始める切っ掛け」を作ることをが大切であり優先すべきことだと僕自身感じています。

もしもあなたが「自宅では思うように何事もできない」と思っているのでしたら、とりあえずは始め出してみませんか。

始めてしまえば、きっと大丈夫ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です