私だけを特別扱いして欲しい

「私だけを特別扱いしてね」

男の僕には今一つ理解しにくいことです。

彼女であるということは、もうすでに特別じゃないですか。

彼女とただの友達とを比較してみれば歴然だと思うのですが・・・

彼女のお願いは聞けるけど友達のお願いは聞けない

彼女のすることは我慢できるけど友達の場合は我慢できない

ほらね、特別ですよね。

男と女の本能

僕たちは人間である前に動物的本能の影響を受けているといえます。

本能とはどのようなものなのでしょう。

オスの本能的願望

周りにとらわれない自己中心的願望

絶対的なパワー(ちから)

他者を従える支配欲・征服欲

オス(男)という生き物は王様になりたいのです。

メスの本能的願望

一人のオス(男)に愛されたい

自分を守って欲しい

ニーズを満たして欲しい

甘えさせて欲しい

メス(女)の本能は可愛らしいですね。

このことでも分かるように、女性は男性に対して一途なことが理解できます。

子孫を残すということが優先されるのならば、オス(男)はメス(女)が安心して子孫を残せるために外敵から守り大切にするという本能があるのですね。

優しくしてほしい

優しさって何なのでしょうか。

優しさ

心温かく、思いやりがあること

おだやかでおとなしいこと

「あの人はとても優しいね」などと、日常的に使われている言葉なのに、どういう意味と聞かれると返答に困ります。

同じ優しさでも恋愛に関しての「優しさ」はまた少し意味合いが違ってくると思います。

確かに誰にでも優しい男性ていますよね。

男友達にはもちろんのこと、お年寄り、子供、そして女性、すべての出会う人に対して本当に謙虚で気遣いができてその場の空気も読めて・・・

まさに優しさの塊。

ですが、恋愛でこの優しさは当てはまりますか?

彼女の言う優しさとは上記のことは当然のことなんですね。

彼女のする話し、わがまま、お願い、時には無茶振りもありますが、すべて受容すること(しようとすること)が彼女を満たすことのできることが恋愛でいう優しさではないでしょうか。

話しを聴いてほしい

僕の知り合いの女性はみなさん口を揃えてこう言います。

「とにかく話を聞いてほしい」

「聞くだけでいいねん」

「聞くだけ聞いてほしい」

「答えなんかいらんねん。聞いてくれるだけでいいねん」

聞く、聞く、聞く、聞くばかりなのですが女性は男性にとにかく聞いてほしいのです。

そういう生き物なんです。

「本当にちゃんと聞いてるの」とたまにはお叱りの言葉も出てきますが、黙って聴いて頷けば彼女のストレスも軽減しますしご機嫌になることは間違いありません。

聴くは音楽を聞くなどの「聞く」とは違い、積極的に真剣に注意深く「きく」という意味です。

でも男からするとそうともいかないのです。

彼女が話したことに対して男は結論、結果、答えを言いたい、そして時には反論したい生き物なんです。

彼女自身が用意していた答えならいいのですが、少しでもずれていたらもう大変。

話しの終わらない無限のループとなってもおかしくないですね。

最終的には喧嘩になってしまいますし・・・

僕はできるだけ女性が話をしているときには聴く(聞くではなく)ことに専念するように意識しています。

よくよく聴いてみると結構楽しいですよ。

だけど男は必ず結論付けたい生き物だと覚えておいてください。

わがままを聞いてほしい

「わがままを聞いてほしい」

この言葉も良く耳にします。

「わがままを聞いてほしい」という女性の心理はどういったものなのでしょう?

自分が大好きで自己中心的

構ってもらいたい、甘えたい

損得勘定が働いている

自分が大好きで自己中心的

わがままと自分が大好きとは繋がらないように思うのですが、実はこれ結びつくのです。

自分が大好きな女性は何事においても「自分が一番」なんですね。

このなかで私が一番可愛いとか私が一番ファッションセンスが良いとか・・・

そうなんです、自分は完璧だと思っています。

だから他の人も自分と同じように私のことを一番可愛いと思っている、センスが良いと思っている、私の言うことすることは正しいと思ってくれている。

このようになるので「私の言うことは聞いてね」というか「聞きなさい」ですね。

構ってもらいたい、甘えたい

何となく理解できます。

別の表現をするならば「寂しがりやさん」

本当にその通りです。

これは特に女性だからなどとは関係なく男性にもあると思います。

ですが誰に対してもということにはならないのではないでしょうか?

やはり一緒に居て安心できる人にしかそのような態度はとらないですよね。

好きな人に寂しいから構って、甘えさせてという行為は当たり前です。

このわがままを受け入れられる男になりたいですね。

損得勘定が働いている

損をするか得をするかを基準にして物事を考えているパターンです。

常に得をすることを念頭においているので損をするようなことに対してわがままさを発揮します。

自分の考え、意見を押し通そうとしますがメリットがあれば引くこともあるので自己中心的なわがままとは少し違いがあります。

恋愛において損得勘定はあまり聞きませんのでビジネスなどの他の事でのわがままとなるのではないでしょうか。

私だけ特別扱いしてほしい

女性が彼氏に使うフレーズで

「私だけ特別(扱い)にしてね」

といったニュアンスのことを聞いたりしますが、このことが一番難しいのですね。

男性からすれば

特別って何だろう?

どうすれば特別になるのだろう。

どのようなことに対して特別であればいいのだろう。

特別いっぱいお金を使ったらいいの。

いったい、彼女の言う特別扱いは何・・・

僕はその意味が

分からなくてある女性に

「他の人と違う特別って何?」

と問いかけたことがあります。

その時の話は「優しさ」に関してだったのですが彼女が言うには

「誰にでも優しくすることは良いことだし当たり前なんだけど、その中でも私に一番優しくしてほしい」

と言う返答でした。

「優しさ一番も二番もあるのかな?」とは思いましたが彼女の言っている雰囲気は理解できた気がします。

事実、僕は好きな彼女の話すことはどんなことでも聴いてあげたいし、彼女がしてほしいことはどんなことでもしてあげたいし、わがままも聞いてあげたい。

本気で好きならば、彼女が喜んでくれて笑顔になることが最高にHappyだと思いませんか。

でもね、男の僕からただ一つ言うとすれば

彼氏というとても大切な人のそばに居られるということが一番の特別ではないですか。

ただの友達ではそばに居てほしいとは思いませんから・・・