老眼になって分かったこと?思ってた以上に不便すぎるよ!

開いた本の上に眼鏡がおいていある

僕の視力は小学校のときから今現在まで視力検査をすると両眼とも【2.0】なんですね。

たぶんですけど全盛期だと【2.5~3.0】くらいあったのではないかと自分自身では思っています。

ですから、視力、目の病気などに関したら絶対に大丈夫だと高を括っていたのですが、「あれっ!」何かがおかしくなりだしました。

僕は読書が好きなのですがいつものように読んでいると目を細めてみたり、本を少し離してみたりする頻度が自覚できるくらい増えてきたのです。

擦ってみても、目薬をさしてみても変わりません。

「あー、老眼か?」

「そんな馬鹿な!」

そう思ったものです。

 老眼とは何なんでしょうか・・・

老視(ろうし)は、目の障害の一つ。老眼(ろうがん)とも呼ばれるが、老視が正式名称。

加齢により水晶体の弾性が失われて調整力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、できなくなってくる。

40代から60代初めに自覚されることが多いが、実際には20歳前後から調整力の減少は始まっており、日常生活で字を読む時の距離である30㎝前後が見えにくくなるのが、この辺の年齢であるといえる。しかしこのような症状を自覚する年齢は個人差があり一概には言えないが、一般には40歳前後、早い人では30歳代後半ばあたり、遅い人でも50歳代から60歳あたりまでに、自覚症状を訴えることがほとんどである。

引用:老視 Wikipedia

簡単に説明しますと、老眼とは一般的には40歳前後から起こる加齢とともに近くのものが見えにくくなる症状ですね。

このことは、あくまでも40歳前後に一番多く自覚されるということで、実際には50歳を超えてもあまり症状を感じない人もいますし、逆に20歳代の人でも老眼と診察される人もいます。


出典:小沢眼科医院

本来でしたら、遠くを見るときには水晶体が薄くなり、近くを見るとき分厚くなるというようになっているのですが、水晶体の厚みを調節する毛様体筋といわれる筋肉の強さが加齢によって低下することによりピントを合わすことが難しくなるのですね。

では、毛様体筋の筋力を強くすれば良いのではと考えがちなのですが、老眼はそれだけが原因ではなく、水晶体の弾力性、食生活(栄養)、脳の処理能力などの多くの要因がありますので、今の生活習慣自体を見直す必要がありそうです。

老眼は治るの?

いろいろと調べてみても、治る、治らないと多くの意見があり、何が真実なのか僕自身分からないと言うのが本当のところです。

ただ、何もやらないよりはやった方が良いのではとは感じています。

筋力が低下しているのでしたら筋力アップを、栄養が足りていないとしたら必要な栄養素を意識して摂取しよう・・・

無理をしなければいけないというものはできませんが、心がけたらできるようなものは積極的に取り入れてみたいと思います。

人間の脳は複雑ですけど簡単でもあります。

「どうせ歳だから無理だ」

「加齢による生理現象だから仕方がない」

と、あきらめた時点で脳は無理と判断して身体に対し指令を出すのですから、逆に治るんだと脳をごまかすくらいの気持ちでいたいですね。

老眼になってほんとに困ったことはコレ!

僕自身は老眼で字を読みにくいとか、細かい作業がしにくいといったことは老眼鏡をかけることで解消できるので難儀なことだとは感じていません。

老眼と自覚してから年を追う毎に困ってきたことは、何といってもコレにつきます。

老眼鏡をかけたりはずしたりが面倒である!

本当にこれです。

近くのものを見ないときには全くといっても良いほど不便さを感じないのですが、本を読んだり、字を書いたり、書類に目を通したりとするときに必ず老眼鏡が必要になってくるのですが、その度にかけたりはずしたりと嫌になってきます。

会議の場なんて大変ですね。

パワーポイントなどを見ているときには裸眼、手元の資料を見るときには老眼鏡・・・

かけたりはずしたりの繰り返しだけでイライラしてきます。

このことさえクリアーできたならば老眼をストレスに感じることも無いのでしょうけど、今現在ではストレス以外の何物でもありません。

良くなるかも?とりあえずやってみようと思うこと

先述していますが、書籍でも、ネットでもそうなのですが、老眼は治る、治らないと賛否両論の意見があります。

手術に関しても意見は同様です。

白内障と同時に老眼も手術によって治す例が増えてきているみたいです。

とにかく僕は怖がりなもので手術という選択肢は無いに等しいです・・・費用もそこそこしますしね。

ですから、巷でいわれているものを参考にして実施してみたいと考えています。

もちろん簡単にでき費用も少額、何といっても継続できるものが理想ですね。

例えばサプリメント。

ブルーベリーとルテインがかなり目には良いということですので、これは取り入れてみたいと思います。

とくに株式会社ファンケルさんの【えんきん】TVコマーシャルやラジオなどのメディアでも取り上げられていますし、何といっても科学的エビデンス(根拠)もあるのでぜひ試したいですね。



また、少しだけですが老眼に良いとされる運動をしてようとも考えているのですが、その中でも「1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!がボール・アイ」が科学的根拠(この表現に弱いんです)があり良いということなのでチャレンジしてみます。


生活環境も大切だといわれていますので、そのこともふまえて「良くなるんだ」とポジティブシンキングで実行に移してみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です