いびきって自分では分からないから困るよね

昨夜も8時間も寝たのに何だかだるいよね
睡眠は十分足りているはずなのに
寝ても寝ても疲れが取れない
なんて経験ありませんか
本当に睡眠は足りていますか
ただ寝るだけではなく、睡眠は質が大切なんですよ
その原因はもしかしたら「いびき」かも・・・

いびきをかくのはなぜ?

パートナー、家族に言われたことありませんか?

「あなた、最近いびきがすごいわね。疲れてるの。」

「いびきが気になってぐっすり寝れなかったわ。」

事実、僕はおっさんですけど・・・

「おっさんみたいないびきをかくね。」

自分では気づかないところがいびきの悪いところです

人は何故いびきをかくのでしょうか

 

様々な病気や器質的な異常・障害、その他一時的な疲れやアルコールの影響などにより、軟口蓋や舌根が上気道をふさいで、筋肉が弛緩することで、上気道が狭くなることがある。この状態で呼吸をすると、出入りする空気が塞いだ物を振動させて音が出る。

その音を称していびきと言い、通常は「いびきをかく」と表現する。

引用:Wikipediaいびき

軟口蓋とか上気道とか舌根とか少し難しくないですか。

分かりやすいように図で見てみましょう。


出典国際睡眠時無呼吸アカデミー 

軟口蓋や舌根が上気道をふさぐとなっています。

舌根はイメージできると思うのですが、軟口蓋とは一体何だろう?

軟口蓋とは上顎(上側)の奥の部分です。

舌で突いて喉の方に行くと柔らかい部分が出てきますが、まさにその部分になります。

図でもお分かりいただける通り、寝ているときに軟口蓋と舌根が気道を狭くするので空気が通るとき振動して音が発生する仕組みです。

仰向けで寝ていると顕著に現れます。

横を向いて寝てみる

いつでも、何処でも、誰でもと特別なものを何も必要としない改善策が「横を向いて寝る」ことです。

すぐに実施できて効果も期待できるので一番初めに試していただきたい改善方法になります。

なぜいびきをかくのかというメカニズムを簡単に説明しましたね。

上気道が狭くなることでいびきをかくわけですから、十分に気道をを確保してあげればいびきを防げる(軽減できる)ということになります。

そしてなぜ舌根が上気道をふさぐのかというと、筋力低下によるものです。

え~と思われるかもしれませんが、舌は筋肉と塊ともいわていますので使わなければ低下していくのは当たり前ですね。

舌の筋力が弱くなり喉の方に落ち込んで気道をふさぐことを舌根沈下といいます。

横向きで寝ると舌が喉の方に落ち込むことがないので上気道を確保できいびきを防げることになるんですね。

枕を替えてみる

横向きに寝ることがいびきに効果があるとお分かり頂けたと思いますが、そう簡単に横向きで寝ることってできますか?

今まで仰向けで寝ていた人が

「じゃー、今日から横向きで寝ましょうね。いびき軽減されますよ。」

と、いきなり言われてもなかなか難しいことです。

今までの生活習慣として身についてきたものですから一筋縄ではそう上手くいきませんよね。

実はいびきの原因は枕が自分の体に合っていないということも挙げられます。


出典:銀座コレージュ耳鼻咽喉科

図のように枕が高すぎると首が前に折れ曲がる(顎が引ける)ので喉が圧迫され気道が狭くなってしまいます。

弱に枕が低すぎると顎が上がってしまう(首が後ろに反る)ので口が開いた形となるため、口呼吸になってしまいいびきをかきやすくなる訳なんです。

枕の理想的な高さは横向きになり枕を使ったときに頸椎(首)が床と真っすぐ並行になる高さが適切だとされています。

頑張って痩せる

肥満は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病だけではなく、いびきとも大きく関係しています。

肥満といわれる人は体、特にお腹まわりは顕著に現れていますよね。

もちろん首周りにもお肉(脂肪)がつくわけなんですが、それだけではなく喉や舌にも脂肪がつくんですよ。

そうなると必然気道が狭くなりいびきをかきやすい状態になることは分かりますね。

病気を防ぐためにも、いびきを改善するためにもダイエットすること、生活習慣を見直すことも重要です。

 

いびきと聞くと男性のイメージが強いのですが、女性も加齢とともいびきで悩まれる方が増えています。

これは女性ホルモンの影響なので致し方ないのですが・・・

あの手この手と改善を図ってみても良くならなければ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気も考えられますので専門機関への受診も考慮してください。

長い人生の約3分の1が睡眠時間となりますので、質の良い睡眠をとることが大切ですね。

 

以下のサイトに詳しく書かれていますのでご参考までに・・・

無呼吸ラボ